~浜通りを夢の町「スラブチッチ」にできるのか?完全密着ルポ・福島の避難者が見たチェルノブイリ~9月に行った「ウクライナ視察」の内容が「WEDGE11月号」に特集で掲載さまれております!是非ご覧下さい! http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3239   ■特集.1   完全密着ルポ 福島の避難者が見たチェルノブイリ WEDGEチェルノブイリ取材班(大江紀洋、伊藤 悟) コーディネート/セルゲイ・ミールニィ 通訳・取材協力/ユーリア・ザモールスカ ◎浜通りを夢の町「スラブチッチ」にできるか… ◎復興妨げている汚染水「騒動」 環境影響は軽微 ◎東京電力を分割して再稼働で財源捻出を 石川和男(政策研究大学院大学客員教授)
27年前の1986年に世界を震撼させたチェルノブイリ原発事故。   福島第一原発事故の影響で避難していた福島県浜通りの住民たちが未来の故郷のあり方のヒントを得るため、チェルノブイリの「今」を視察した。驚くことは多々あった。事故後も2000年までチェルノブイリ原発が稼働していたこと、今なお送電施設としては機能しており、作業員が防護服なしに働いていたこと、避難により廃墟となった町があった一方で、「夢の町」と呼ばれるニュータウンがあったこと……チェルノブイリ原発事故の避難者や研究者との意見交換を経て、見えてきた未来への希望もあった。繰り返してはいけない教訓もあった。日本では、福島と言えば汚染水問題ばかりが報道されている。汚染水の環境影響が軽微であることはあまり報道されず、原発20キロ圏内でも線量がそう高くない地域が多くあることも知られていない。復興のあり方、原子力のあり方について、我々はもっと真剣に考える必要がある。放射能以外の様々なファクターを含めたトータルの福島の「被害」を最小化するために日本全体がもっと協力できないだろうか。
  「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」公式ホームページをリニューアル致しましたこちら⇒http://www.happyroad.info/ オーナー基金申込はこちら⇒http://www.happyroad.info/?page_id=60(WEBからも申込ができます)⇒http://www.happyroad.info/?page_id=1085 公式FB https://www.facebook.com/hamakaidosakura
予告!〜チェルノブイリの悲劇から立ち直った街〜   櫻LIVE 櫻井よしこの「言論テレビ」11月1日(金)21:00~http://www.genron.tv/ch/sakura-live/ ゲスト:奈良林 直・北海道大学教授        西本 由美子・NPO法人ハッピーロードネット 11月1日放送の言論テレビに西本理事長が生出演致します!   内容は、先日のウクライナ「夢の街スラブチッチ」の視察の報告並びに、今後の福島県浜通りの再生についてです!是非ご覧下さい。もっと見る
 3345